FC2ブログ

SKY☆DOG

ホワイトスイスシェパードの日常とSHOPのこと

1月22日のコト

Thundershirt円高還元&送料無料キャンペーン中! 

大好評につき、2011年3月末まで全てのサイズが3,700円&送料無料サービス中!
※但し、お支払い方法がお振込みの場合
※発送方法はメール便となります
※メール便は日時指定が出来ません。

※実店舗でお買い上げの場合は、200円引きとさせて頂きます♪

サンダーシャツの詳しい説明はコチラから。

SKY☆DOGショッピングページ



今日は少し寒さがマシだった気がする。
なのに、ヒーターの温度を上げろと催促するししまるさん。
ヒーターの前で前足を曲げてコチラを見ている時は
『寒いぞ!』と言ってるのデス(笑)
12歳にもなると、色んなアピール方法を知っていてビックリするわ~


P1228724.jpg


Rママからのお土産、塩サイダー。
後味がちゃんと塩味のサイダーでございました。


P1228725.jpg



DVDまとめてレビューもコレでオシマイです。
やっとリアルタイムに追いつきました。
今後はもうちょっとマメに更新出来ると良いのですが。


必死剣鳥刺し
藤沢周平の原作を、豊川悦司主演で映画化した時代劇。
海坂藩の物頭・兼見三左エ門が、藩主・右京太夫の愛人・連子を
城中で殺害する事件が発生。
しかし、意外にも寛大な処分が下された三左エ門は
1年の閉門後、再び藩主に仕えることになり…。

藤沢周平ファンじゃないけど、結局『武士の一分』『花のあと』に
『 必死剣鳥刺し』と観ちゃってますねぇ(笑)
まぁ今回はトヨエツですから~
下級武士の悲哀を描くパターンだけど、これが時代劇の良さなんでしょうね。
ただ、黄門様や金さんと違って、すっきり爽やかと正義が勝つわけではないところに
ドラマを感じるなぁ。




TOYストーリー3
カウボーイ人形のウッディとバズ・ライトイヤーの冒険を描いた
ディズニー/ピクサーアニメ第3弾。
アンディが大学進学のため家を出ることに。
そんなある日、ウッディたちは手違いで凶暴な幼児たちが集まる
サニーサイド保育園に寄付されてしまう。

このシリーズは文句なしに大好き♪
馬のブルズアイがお気に入りなんですが
今回はバービーのBFケンがめっちゃいい味だしてます(笑)
オモチャの物語だけど、笑いあり涙ありの人間ドラマ。
アニメだからとバカにせず、色んな世代の人に観てみらいたいです。




クリスマスキャロル
世界を変えた名作を、ディズニーが完全映像化!
驚異の映像世界、時空を超える感動の旅。
『Disney's クリスマス・キャロル』
ジム・キャリーが老人や精霊たちなど、全7役を演じたファンタジーアニメ。
クリスマス・イブの夜。3人の精霊に連れられ、過去・現在・未来を旅する
金貸しのスクルージが、これまでの自分の人生を見つめ直していく。
監督はロバート・ゼメキス。

映像が凄く綺麗でした。
話は知っていても、大人も子供も 十分楽しめます。
ってクリスマスはとっくに終わっちゃってるけど(笑)




アウトレイジ
北野武監督がヤクザ社会を舞台に豪華キャストの共演で描く
バイオレンス・エンタテインメント。
ヤクザ社会での生き残りを賭けた組同士のドンパチ
裏で渦巻く悲喜こもごもの権力争いの行方を過激な暴力描写によって紡ぎ出す。

『全員悪人』と言うサブタイトルの通り、みんなめちゃくちゃ悪いです(笑)
キルビルもビックリなほど血が噴出したり、あまりに痛すぎて
見ていられないシーンもあるけれど、良く出来てる話でした。
この人、ほんとに天才ですねぇ。
三浦友和の演技も凄く良い。




抱擁のかけら
巨匠ペドロ・アルモドバルが、女優、映画監督、女優のパトロンの
実業家の愛と欲望が入り乱れる危険な三角関係を描いた究極の愛の物語。

色合いがワタシ好みで、映像も楽しめました。
ペネロペの可愛さと演技力も文句なし。
ちょっとミステリーっぽさも含む愛の物語。




オペラ座の怪人
ジョエル・シュマッカー監督が不朽の名作ミュージカルを映画化。

言わずと知れた名作を今更ながら見ました。
ミュージカルは苦手なのですが、昔読んだファントムが
結構面白かったので、ならばやはり原作を見ておかねば・・・
と言う気持ちになったもので。
でもファントムだけ読んでいれば十分だったかも(笑)
ファントムのエリック描写が詳しすぎたので
ミュージカル仕立ての映画では物足りなく感じてしまいました。



ファントム
ガストン・ルルーが書いたわけじゃないのに
非常に上手くオペラ座の怪人に繋げています。
読んだのは、もう15年以上も前ですが
オペラ座の怪人を観た後、もう1度読んでみようかなぁと思いました。

  

Category : 日常のコト
Posted by CCN on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。