FC2ブログ

SKY☆DOG

ホワイトスイスシェパードの日常とSHOPのこと

わんこと避難することについて思うコト

☆余震などで怖がるわんこさんのためにサンダーシャツ
即日発送を心がけています。

3月末日までの送料無料キャンペーンを行っておりましたが
地震の影響で怖がるわんこさんのために使って頂きたいので
引き続き送料無料で発送させて頂きます♪

logo.gif

全てのサイズが3,700円&送料無料サービス中!
※但し、お支払い方法がお振込みの場合
※発送方法はメール便となります
※メール便は日時指定が出来ません。

※実店舗でお買い上げの場合は、200円引きとさせて頂きます。



地震の後、HITOっちは仕入れと買出しで2度ほど出掛けましたが
ワタシは初めて下山しました。
しし・マーのお留守番もアレ以来初めてのことです。
久々にホームセンターに行ったら、節電モードで店内は薄暗かったけど
商品を見るには困らないので、この程度で十分なんだなぁ。

マーコリンは久々のカートに大はりきりでした^m^
ワタシもはりきってカメラを持って行ったのに
カード入れ忘れ(笑)
なので携帯画像デス。


110404_1645~0002


先日ご紹介したポチたまの松本君のNatural Dog Styleと言うサイトで
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』
活動、
SKY☆DOGでもご来店頂いた方にはご協力をお願いしております。
この署名を活動をするにあたり、色々と考えてみました。

長くなるので続きは↓からどーぞ。

ペット暮らす立場にある者としては、避難所に自分の家族を連れて行けないなんて
可笑しい!と思うのは当然です。
しかし、世の中にはやはり動物が苦手な人や動物にアレルギーのある人もいます。
この署名が集まり、本当にペット同伴での避難所生活が認められたとしても
苦手意識のある人やアレルギーのある人の心を完全に動かすことは難しいでしょう。
問題は認められた後、本当にワタシ達の家族であるペットが安心出来る存在だと
身をもって証明しなければならないと思うのです。
そのためには常日ごろから、何処に連れて行っても大丈夫なように
トレーニングをしておくこと。健康管理を怠らないこと。が大事です。
心身共に健全な動物と言うのは、人に危害を加えたり
問題行動を起こしたりしません。


それから健康管理に含まれるのですが、抜け毛対策。
これはペットを飼っている人ですら、よその子の毛は・・・と思うこともあるくらいですから
動物嫌いの人や、アレルギーの人にとっては脅威です。
なので、日々のブラッシングで不要なアンダーコートは取り除き
換毛を促してあげること。もちろん定期的なシャンプーも。


183_5_52.jpg


SKY☆DOGでお取り扱いしているブラシは、結構お値段の高いものが多いです。
でも、『自分のわんこは自分でお手入れ』と言うのがわんこを飼うにあたっての
基本だと考えていますので、頻繁に、長く使う道具は最初に良いものを
購入しておけば、ずーっと使えるわけですから結果的には高くないどころか
お安い買い物だと思うのです。
モチロン、カットが難しい犬種などは時にプロの手を借りることも必要でしょう。
ただ、毎日プロにお願いするわけではありませんから
日常のお手入れは飼い主自身がするのは当たり前のことです。
安い道具はやはりお値段相当でしかなく、壊れて何度も買いなおしをすれば
結局は高くつきますよね。
ですからSKY☆DOGでは、長く使って頂けるモノを提供したいと考えています。


P2279533.jpg


日々のブラッシングは、毛のお手入れだけでなくボディチェックを兼ねていますので
病気の早期発見にも繋がります。
また、おとなしくトリミングをされることで、わんこはじっとすることを学び
これは病院での診察などにも役に立ちます。
ですからトリミングは必ず台の上で行うようにしましょう。
ショッピングページには乗せていませんが、使いやすいトリミングテーブルの
お取り寄せもしています。


それから抜け毛対策として、お洋服を着せること。
これは最低限と言うか当たり前のマナーだと思っています。
自宅以外の場所に行く時は必ず服を着せます。
JRTは抜け毛の多い犬種ですから、日々のブラッシングで
かなり抜いておいてもやはり毛が抜けます。
その他の犬種も一部の犬種を除いては、皆毛が抜けます。
これは避難所ではとても問題になることだと思いますし
避難所に関係なく、例えばうちのような狭いカフェなどでも
抜け毛はとても気になる問題です。
わんこ連れだからと言って、犬の毛が舞う環境で食事をするのは
誰だってイヤなはずです。
掃除は頻繁に行っておりますが、それでもお客様がお食事中に
掃除をするわけにはいきませんので、飼い主さん1人1人の意識と
ご協力が必要です。
そしてそのマナーに対する意識が向上すれば、避難所にペットを連れて行った時にも
トラブルを防ぐことに繋がると思います。


P4040140.jpg


ペットが嫌な方にしてみれば、服を着せたところで
やはり抜け毛は0に出来ないわけですから
それでも嫌なものは嫌でしょう。
けれども、そうした姿勢を見せることって大事なことではないでしょうか。

ペットを飼っている人と飼ってない人が互いに歩み寄るための
1つ方法としてワタシは考えています。

服を売る店の人間だから、こう言っているのではなく
元々こういうことを考えていたから服を売るようになったのです。
ワタシ自身の考えはコチラの記事にも書いています。

犬の服はモチロンお洒落要素もありますが
実用的な部分も多いですし、アビーのように必要に迫られて
着せている場合もあります。

ただ同じ着せるなら、可愛いほうがいいに決まってるし
動きやすい方がいいに決まってます。
だからオリジナルのウエアはデザインだけでなく着心地にも拘って
作るようになったと言う経緯です。

『うちの子は服が嫌い』と言うお話もよく聞きます。
実際うちの3ぴきだって、どっちかと言えば嫌いです(笑)
でも、自宅以外の場所に行く時のマナーを考えれば
普段から着せて慣らせておくこともトレーニングの1つだと思っています。

それから、避難所ではやはりクレートに入れることが望ましいですね。
長くなってきたので(笑)ハウストレーニングのお話はまた別の機会に。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました♪
関連記事
Category : 思うコト
Posted by CCN on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。